エラが気になる人必見の小顔マッサージ法とは?

顔のエラが気になっている人は多いですよね。

でも実際にエラが何からできているかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

実はエラは、「咬筋」という筋肉が分厚くなったものなんです!  

小さい頃に目立たなかったのに、歳をとってきたらエラが張ってきたという場合、歯の食いしばりや噛み癖などの生活習慣で、この筋肉が異常に発達してしまった可能性があります。

エラは顔の骨格だと思っていた方には朗報ですね!

筋肉ならマッサージで張りを抑えることができますので、シャープな顔を手に入れることもできるかもしれません! 

「エラ」の小顔マッサージ

 咬筋をほぐしてシャープな顔に!

1*咬筋に指を添える 歯を噛み合わせた時に膨らむ部分が咬筋です。 そこに両手の人差し指、中指、薬指を添えます。  

2*耳から鼻に向かって3回押す 咬筋を3本の指で少しずつずらしながら押します。 気持ちよく感じる強さで、耳の前から鼻に向かって3回ほど行ってください。 2cmくらいずつずらすとよいでしょう。  

3*5回ずつ繰り返す 2の動作の後、反対方向に戻るように動かします。 これを5回繰り返します。  

エラをほぐしたところで、今度は鼻とほうれい線にも目を向けてみましょう。

実は、この2つもマッサージで小顔につなげられるんです! ほうれい線って年々気になってきますよね。

憎っくきほうれい線ですが、薄くする方法があるんです!  

そもそもほうれい線ができてしまう原因は小鼻にあります。

加齢によって小鼻が横に広がり大きくなることで、ほうれい線が深く長くなってしまいます。 それどころか、それに伴って口角も下がってしまうんです。

つまりほうれい線を薄くするためにマッサージが必要なのは鼻周りということになります!  

「鼻」「ほうれい線」の小顔マッサージ

・すっきりした高い鼻のライン!

・唇を持ち上げて鼻の下を短く!  

1*鼻を中央に寄せる 両手の人差し指で鼻の中央を挟み、寄せるように20回ほど押します。 力を加える際に左右の力が均等になるようにしてください。  

2*小鼻を中央に寄せる 小鼻を先程と同様に人差し指で、中央に寄せるように20回ほど押します。 1の行程よりも少し強めに行ってください。  

3*目頭を中央に寄せる さらに人差し指を目頭に添え、中央に寄せるように20回ほど押します。 最後にご紹介したいのが「目」についてです。

目の周りには眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。これが衰えているとまぶたが垂れたり、目がくぼんで小さく見えてしまいます。

ぱっちりと開いた目は顔を小さく見せます。

眼輪筋を刺激して小顔を手に入れましょう。  

「目」の小顔マッサージ

・眼輪筋をほぐして目を大きく見せる!

・血行を良くしてまぶたの腫れやむくみ解消!  

1*目を閉じ、目頭と目尻を引き上げる 目を閉じて、中指と薬指を目頭に、人差し指を目尻に添え、同時に引き上げ30秒キープします。  

2*目頭を中央に寄せる 目を閉じたまま、親指と人差し指で両目頭をつまみ、30秒キープします。  

3*目尻を寄せ、まばたきをする 人差し指、中指、薬指のを目尻に添え、目頭側に寄せるように支え、まばたきします。 10回ほど繰り返しましょう。  

まとめ

小顔マッサージや運動は、継続して行うことで必ず効果が出ます。

多少マッサージの位置がずれていても効果はありますので、気持ちが良い程度に行ってみてください。

筋肉が凝り固まっている人は少し痛く感じるかもしれませんが、続けていくうちに気持ちが良くなってきます。

お気に入りのマッサージを見つけて小顔をゲットしましょう!

また、マッサージだけで小顔を実感できなかった人は、BNLSという手段もあるのでそちらを試していいですよ!