自宅で簡単!ほっぺのお肉の落とし方がスゴイ!

ふっくらほっぺの丸顔さん。

フェイスラインがすっきりせず、ぽっちゃりに見られがちではないですか?

ほっぺのお肉は「脂肪」、「顔のむくみ」、「頰の筋力低下」によって目立ってしまいます。

こちらの3つの原因によるほっぺのお肉をすっきりさせる方法をご紹介します。

 

マッサージと運動でほっぺのお肉撃退!

脂肪によってほっぺが膨らんでしまっている人におすすめなのは全身運動です。

汗を流して全身をすっきりさせることが、ほっぺのお肉を減らす近道です。

運動習慣のない人には、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動は長い時間をかけてゆっくりと行うと運動で、この他にも水泳やラジオ体操などが含まれます。

運動と聞くとハードルが高く感じられるかもしれませんが、有酸素運動は簡単に行えるものばかりですので、ぜひ挑戦してみてください。

 

むくみによってほっぺが膨らんでしまっている人におすすめなのはマッサージです。

顔のむくみの原因は体内の水分が多くなりすぎることにあります。放っておくと慢性化することもあり、普段の顔が実はむくんでいる顔だった、なんてことも。

マッサージで十分に解消可能ですので、もしかして、と思った方は今すぐマッサージしてみてくださいね。

 

むくみ顔に特におすすめなのはリンパマッサージです。

はじめに首をほぐしていきます。

左右にそれぞれ5週ずつ、ゆっくりと回してください。

それから頭を右に傾け、首の左側を5秒間伸ばします。反対も同様に行ってください。

次に首にクリームを塗り、指の腹で耳の後ろから鎖骨までを左右10回ずつさすります。

リンパが流れることを意識してください。

 

お次はいよいよほっぺのマッサージです。

摩擦が起きないよう、マッサージ用クリームやオイルを使用してくださいね。

人差し指、中指、薬指を揃えて口角に添え、そこから小鼻、目の下、耳の下、鎖骨へと大きく円を描くように指を滑らせます。

普段のスキンケアの最中ですと滑りもよく、習慣化できますのでおすすめですよ!

頰の筋力低下によってほっぺのお肉が目立ってしまっている方は、まず自分の顔の筋力チェックをしてみましょう。

はじめに、上の歯が8本しっかり見えるように口角を上げます。

その状態で舌を出し、上下左右に動かしてみてください。

 

口角を上げたまま舌を出すことはできましたか?

口角が下がってしまった方は頰の筋力が低下している可能性がありますよ。

日頃から顔の筋肉を大きく動かすことを意識してみてください。

 

生まれつきの丸顔の方も諦めないで!

生まれつき顔の大きい人は、骨格が原因であることが多くあります。

おでこの広い方、エラが張っている方、頭蓋骨が大きめな方などがそれに当たりますが、生活習慣が原因ではありませんよね。

そのような場合でも身体全体のバランスが取れていると顔が大きく見えないことがありますので、気になる方は全身のバランスをチェックしてみてください。

 

実は頭蓋骨の大きさの個人差は3mmほどしかないのだそうです。

の高い方やがっしりした体型の方は、身体の大きさに比例して頭蓋骨が大きくなる傾向にありますが、それでもたったの3mmなのです。

これなら十分、身体のバランスを良くすることで顔の大きさをカバーできそうですよね。

 

ほうれい線が目立つのはほっぺのお肉のせいだった!

一見関わりのなさそうなほうれい線とほっぺのお肉ですが、実は深く関係があったんです。

ほうれい線は他のシワと違い、頰のたるみが原因でできます。そのためほっぺのお肉が多いと、ほうれい線はさらに目立ちやすくなるのです。

加齢によってほっぺのたるみは加速していきますので、早めに対策を講じる必要があります。

 

脂肪は重力に弱く、ほうれい線の溝を深める原因になります。

丸顔の人は特にほっぺにお肉がつきやすいため、そうでない人と比べてほうれい線が目立つのです。

ですから脂肪でほっぺのお肉がついてしまった方は、ダイエットが最も効果的なほうれい線解消方法となります。

10代、20代の若い世代のほうれい線は頬骨などの骨格が原因であることが多く、加齢に伴ってさらに悪化することが考えられますので、なるべく早いうちに対策をしましょう。

 

そしてなんと言ってもほうれい線解消に重要なのがスキンケアです。

肌のコラーゲン生成をサポートしてくれる基礎化粧品を使用して、肌の内側からハリと弾力を取り戻しましょう。

 

頬のたるみは加齢のせいだと思ってない?

たるみとほうれい線の関係性についてはこれまでご紹介してきた通りです。

いつまでも若々しく見られたいですよね。

ほっぺのたるみの原因をご紹介しますので、若い世代の方もぜひチェックしていってください。

 

加齢が原因のほっぺのたるみは、コラーゲン量の減少によるものです。

なんと、50代にもなると20代の半分ほどしか残らないんだそう。

さらには質も悪くなってしまうため、20代と50代ではお肌のハリにどうしても差ができてしまうのです。

 

加齢以外のたるみの原因は主に2つあります。

1つは日頃浴びている紫外線です。

紫外線にはUVAと呼ばれるものがあり、これがコラーゲンを保持している肌の真皮層まで届いてしまうため、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

対策は簡単。

日焼け止めをしっかり塗ることです。

少しの外出だからと気を抜かずに習慣づけてくださいね。

 

2つ目は肌の乾燥によるものです。

お肌にはコラーゲンの他にもヒアルロン酸やセラミドという、肌バリアを保つ効果を持つ成分が含まれています。

これらは肌が乾燥することで細胞が小さくなってしまいますので、シワやたるみの原因となるのです。

スキンケアをしっかり行うことで簡単に防げますので、毎日のスキンケアを見直してみましょう。

歳を取ってから後悔しないようになるべく若いうちから対策をとって、素敵な歳の取り方をしたいものですね。