即効性抜群!自宅で簡単に顔を小さくする方法。

女優さんやモデルさんって、すごい小顔の方ばかりですよね。

どうしてあんなに小顔になれるの?!と一度は思った方も多いのではないでしょうか。

顔が綺麗なだけでなく小顔まで…憧れますよね。

 

それなのに顔って、ダイエットをしてもなかなか痩せないと思いませんか?

この記事では、簡単に小顔にする方法をご紹介しちゃいます!

即効性の期待できるものもありますので、顔の大きさに悩んでいる方はぜひ読んでみてください!

 

顔の大きさチェック!あなたの顔は本当に大きい?

実際にはさして顔が大きいわけではないのに、気にしすぎている場合があります。

ダイエットのしすぎは本当の美しさから遠ざかってしまうかもしれませんよ!

本当に顔が大きいのか、まずはチェックしてみましょう。

 

必要なものはメジャーです。顔の縦と横の長さを測りましょう。

まず頭の頭頂部から顎にかけて測ってください。これが顔の縦の長さになります。

次に片方のこめかみから反対側のこめかみまでを測ります。これで顔の横の長さが分かります。

 

女性の顔の長さの平均値は、縦21.8cm、横15.3cmだそうですので、先程測った自分の顔の大きさと比較してみてください。

顔の形は様々ありますので一概には言えませんが、この値よりも大きい場合には”平均値よりも大きな顔”であるといえるでしょう。

値がこれよりも小さかった方には、小顔ダイエットは必要ないということになります。

 

そうは言っても、今よりも小さくなりたい!という方はいると思いますので、平均値よりも小さいけれどもう少し小さくしたい、という方にもおすすめの小顔になる方法をご紹介します。

 

小顔になるためには?

実は小顔になるのに効果的なのは、「顔の筋肉を鍛えること」なんです!

筋肉を鍛えると聞くと、なんだか余計に大きくなりそうな気もしますよね。

ですが心配はいりません。鍛える箇所と、コツをお教えします!

 

顔の筋肉って?

顔の中にはたくさんの筋肉がありますが、小顔になるために鍛えてほしいのが「表情筋」です。簡単なエクササイズなのでぜひやってみてくださいね。

 

まずは大きく目を見開きます。

それから鼻の下をできるだけ伸ばし、口を「お」の形にして15秒キープします。

これを1日3セット続けていただくだけです!とっても簡単ですよね!

 

顔の輪郭をシャープに!

顔の輪郭って意外と重要なんです。

顔の輪郭がどこから見た時にもくっきりしていると、顔が引き締まって小さく見えます。

 

まず舌をできるだけ前方に突き出し、舌先を鼻に向けます。

これを15秒キープしてください。

毎日3セット行うだけで、顔の輪郭がはっきりしてきますよ。

 

あご周りが太っている人や筋肉が衰えてたるんでいる人は、このエクササイズをすることでシャープな輪郭を手に入れられるでしょう。

このエクササイズはやる事は簡単ですが、意外ときつく感じる人が多いと思います。

ついつい手を抜きたくなりますが、その効果はかなりのものなので、諦めずに毎日続けましょう!

 

簡単マッサージで小顔を作る!

顔が大きく見える原因はいくつかありますが、むくみやリンパの滞り、脂肪によって顔が大きく見えている人は、マッサージが効果的です。

なんと早い人だと3日で効果を実感できることもあるんだそうです!具体的なマッサージの方法をご紹介します。

 

頬と顎に効果大!リンパマッサージ

必要なものはベビーオイルだけです。

ベビーオイルを持っていない方は、ワセリンや顔にも使えるマッサージオイルでも大丈夫です。

好みによって使いやすいもので結構ですよ。

 

適量のベビーオイルを手のひらに取り、両手を擦り合わせるように広げます。

手のひら全体にベビーオイルが行き渡ったら、両頰を包み込むように塗布します。

親指以外の4本の指を揃え、親指と直角になるようにします。

作った直角の部分を顎に当て、ゆっくりと耳に向かって滑らせていきます。

この時やや強めに力を入れて、リンパが流れていることを意識してみてください。

これを10回ほど行います。

 

リンパマッサージは定番ですが、それだけ効果があるということですよね。

芸能人やモデルさんも、毎日の習慣にしている人が多いのだそうです。

むくみを慢性化させないために、お風呂上がりや寝る前に行ってみてください。

翌朝すっきりと目覚めることができますよ!

 

骨格を矯正?!コルギマッサージ

どうしようもないと思っていた骨格をなんとかできる!と話題になっているのがコルギマッサージです。

本来サロンに通うものですが、セルフマッサージも可能なんだとか。

自宅で簡単にできるマッサージ方法をご紹介します。

 

まず両手で握りこぶしを作ってください。

作った握りこぶしの第二関節をあごに当て、あごから頰にかけて10往復します。

大体2cmくらいを目安にしてください。

次に、頬骨に第二関節を当て、10秒×3回押します。

それから握りこぶしから親指だけ解放し、残ったこぶしと親指であごから耳までのラインを2往復つまみます。

再度握りこぶしを作り、眉上に第二関節を当てて10回ゆっくりと押し込みます。

握りこぶしを解放し、親指でこめかみを10秒×2回押します。

最後にもう一度握りこぶしを作り、第二関節を鼻の下に当てて10回押します。

 

行程が少し多めですが、サロンに通わなくても良いのなら十分に簡単なマッサージですよね。

コルギマッサージは少し痛いと感じる強さでやるのがコツです。

専門サロンでは翌日に痛みが残るほど強く施術するといいますので、自宅で行う場合もなるべく力を入れてやると良いでしょう。

しかし痛くて続けられないのでは意味がありませんので、痛みに弱い人は力加減を調節して続けてみてくださいね。

 

顔を大きくしている原因

①むくみ

顔はとってもむくみやすい部分なんです。

朝と夕方の顔の大きさを比較してみてください。

大きさが違った方はむくんでいる可能性大です。

しかし原因は体内の水分によるものですので、リンパマッサージや食生活などの生活習慣を意識することで、簡単に改善が見込めますよ。

 

②たるみ

加齢によってたるみが引き起こされることがあります。

実際に顔の大きさが変わるわけではないのですが、顔の輪郭がぼやけてしまうことで顔が大きく見えてしまうのです。

表情筋を鍛えたり、日頃からよく笑うことで顔の輪郭の引き締め効果が狙えます。

 

③骨格

元々頬骨が出ている人やあごが逆三角形でない人は、骨格によって顔が大きく見えることがあります。

劇的な変化は望みにくいですが、コルギマッサージをコツコツと続けることで、小顔を目指すことは十分にできるでしょう。

 

④脂肪

もちろん肥満によって顔が大きくなっている場合もあります。

顔に脂肪がついていると、顔の輪郭がはっきりしないどころか、二重あごになってしまうことも。

ぱんぱんに膨らんだ顔では小顔になれませんよね。

顔だけに限らずダイエットに励んだり、それが難しいという方はリンパマッサージで老廃物を流すだけでもすっきりしますので、ぜひ就寝前の習慣にしてみてください。

 

まとめ

今回ご紹介した小顔になるための方法は、どれも簡単なものばかりだったと思います。

顔の大きさが気になっている人、なかなか顔のダイエットが上手くいかない!と悩んでいる人は、お手軽に始められるものばかりですのでぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

コンプレックスを解消して、笑顔で毎日を過ごしましょう!